北九州市の中小企業の経営相談ならキタサポ

ページの先頭へ戻る

【募集中】平成31(2019)年度 事業承継・M&A促進化事業助成金のご案内

事業承継計画の策定やM&Aの着手など、市内中小企業の円滑な事業承継を支援します!

 北九州市では、市内の中小企業が持つ優れた技術や経営資源を将来にわたって継続させ、雇用の場の確保などを図っていくことを目的に、事業承継計画の策定やM&Aに着手する際に必要な経費の一部を助成します。

【対象者】
 中小企業基本法第2条第1項各号に掲げる中小企業者のうち、以下の全ての要件を満たすもの。
(1)北九州市内に本社及び事業所を有すること。
(2)事業承継等を行うにあたり、引き続き市内で事業を営む者であること。
(3)株式会社の場合にあっては、発行済の株式が中小企業者以外の会社により2分の1を超えて保有されていないこと。
(4)北九州市税を滞納していないこと。
(5)暴力団又は暴力団員及びこれらと密接な関係を有する者でないこと。
(6)風俗営業等に該当する事業を行う者でないこと。
(7)その他補助金を交付することが不適当と認める者でないこと。

【対象事業】
 事業承継を目的に、税理士事務所、法律事務所、コンサルティング会社、金融機関など、事業承継及びM&Aに関する専門的な知識及び実績を有する専門事業者に委託して行う事業のうち、以下に掲げるもの。
(1)事業承継計画の策定等 (親族内、従業員等承継)
(2)M&Aの仲介委託等 (第三者承継)※買い手側によるものは対象外

【交付要件】
(1)交付決定日からその年度末までに終了(精算を含む)する事業であること。
(2)国及び関係団体などから同種の補助金等の交付を受けていないこと又は受ける見込みのないこと。
(3)助成金の交付は、年度を問わず1事業者につき1回までとする。

【対象経費】
(1)事業承継計画の策定等
 ・課題分析(見える化)や経営改善(磨き上げ)等のコンサルティング委託料
 ・株価など企業価値の算定委託料
 ・相続税・遺産分割等の対策策定委託料
 ・事業承継計画の策定委託料 など
(2)M&Aの仲介委託等
 ・仲介委託料、マッチング登録料、着手金 など
  ※対象経費に係る以下の経費は除く。
  (イ)消費税・振込手数料。
  (ロ)専門事業者に対する顧問料等。
  (ハ)官公庁等の手続き及び書類作成、個別具体的な案件に関する訴訟・トラブル対応に係る費用。
  (ニ)M&Aの成立時に支払う成功報酬に係る費用。

【助成金額】 対象経費の2分の1、上限50万円(千円未満の端数切捨て)

【募集期間】 平成31年4月1日(月)から随時受付(予算終了まで)

 申請の方法等詳細については、下記のホームページをご覧ください。

(お問い合わせ先)
 北九州市産業経済局中小企業振興課
 担当者:鎌田、和田
 TEL:093-873-1433
 FAX:093-873-1434

詳しい情報

北九州市中小企業振興課ホームページ

補助金・助成金 > 創業・事業承継支援
2019年4月1日