北九州市の中小企業の経営相談ならキタサポ

ページの先頭へ戻る

「モーターコア打抜き金型の系統化調査」報告会のご案内

生活になくてはならないモーター。そのモーターの中核部品である“モーターコア”に関する調査報告会です。

 国立科学博物館と北九州イノベーションギャラリー(産業技術保存継承センター)の共同調査による「モーターコア打抜き金型の系統化調査」報告会が開催されます。

 モーターは車や家電製品から産業機械迄、欠くことのできない動力装置であり、我が国は世界でトップレベルの生産国である。そのモーターの回転動力を生む鉄心部分がモーターコアであり、それを支えてきたのが金型技術です。しかし戦後の金型製造はすべて熟練技能者に委ねられ生産能力も精度上も限界にありました。
 本共同調査では、「ものづくりの母」と言われる金型メーカーが様々な工夫や努力をして時代の要求に応え、さらに時代を先取りした金型を開発し製造した過程を紹介します。


【講 師】
 尾畑 隆一(おばた りゅういち)氏
  ㈱三井ハイテック 
  国立科学博物館 産業技術史資料情報センター 前主任調査員

【開催概要】
 ○開催日時
  2019年2月16日(土) 13:00~15:00
 ○会場
  北九州イノベーションギャラリー
 ○応募条件
  興味のある方ならどなたでも
 ○参加費
  無料
 ○定員
  80名(先着順)
 ○申込方法
  電話、FAXもしくはホームページ入力フォームよりお申し込みください
  ホームページ:https://www.kigs.jp/event/2018/12/399.php
 ○申込期限
  満席になり次第終了

【申込み・問合せ先】
 北九州イノベーションギャラリー(産業技術保存継承センター)
 電話:093-663-5411 FAX:093-663-5422 メール:kikaku@kigs.jp

詳しい情報

詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

セミナー > 技術開発・新商品開発支援
2019年1月11日