北九州市の中小企業の経営相談ならキタサポ

ページの先頭へ戻る

【募集終了】2019年前期(10月~3月期)「enPiT-everi社会人リカレント教育プログラム」受講者を募集します

IoT、AI、ロボットなどの導入をお考えの企業の皆様へ

 北九州市立大学、九州工業大学、熊本大学、宮崎大学、広島市立大学の5大学が連携して取り組むenPiT-everi事業では、九州・中国地域の社会人を対象に、人工知能やロボット技術などの新しい技術を身につける実践的な教育プログラムを今春から本格開講しました。
今回は10月からスタートする後期プログラムの募集のご案内です。

 enPiT-everi(エンピットエブリ)は、IoT、AI、ロボットなどを企業へ導入できる人材育成を目的とした社会人リカレント教育プログラムです。
 社会人に受講しやすいVOD(ビデオオンデマンド)による講義を多数提供しています。
 実施内容として、IoT導入事例、AIプログラミング技術、組込みシステム技術、機械学習、深層学習、データマイニング、IoT開発の実践的ラボなど、生産性向上に役立つ様々な情報技術の講義・演習を提供しています。
 また、産業別コース(製造、自動車、介護、農林畜産、観光)のいずれか一つを履修することで「IoTアーキテクト」、「IoTエンジニア」のコース履修証明書を取得できます。

 現在、ホームページにて後期受講者の受付を行っております。
 IoT、AI、ロボットなどの導入をお考えの企業の皆さま、ぜひこの機会に受講をご検討ください。

【受付期間】
 2019年8月31日(必着)

【受講期間】
 2019年10月~2020年3月末(半年間)

【実施大学】
 北九州市立大学、九州工業大学、熊本大学、宮崎大学、広島市立大学

【履修資格】
 大学または短期大学を卒業した者、かつ一定程度の情報処理知識・技術を有する者(応相談)

【受講料】
 コース履修:14万8,000円 科目別履修:1,850円/コマ

※詳細及び応募については、下記のホームページをご覧ください。

【お問い合わせ】
 北九州市立大学ひびきのキャンパス enPiT-everi事業推進室
 Email:info@enpit-everi.jp
 〒808-0135 北九州市若松区ひびきの1番1号

詳しい情報

お申込み・詳細はこちら(外部リンク)

お知らせ > 生産性向上支援(ロボット・IoT・AIなど)
2019年8月1日