北九州市の中小企業の経営相談ならキタサポ

ページの先頭へ戻る

【募集終了】1月23日(木)開催 第12回アジア3R自治体間ネットワーク会合 ~自治体によるプラスチックごみ等の対策と課題~

現在の自治体・企業・海外の取り組みを通じて、プラスチックごみ対策の未来を考えます。

1月23日(木)、北九州市で日本環境衛生センター(JESC)が主催する「アジア3R自治体間ネットワーク会合(共催:環境省、北九州市、JICA、UNCRD)」が開催されます。

テーマは世界の潮流である「プラスチックごみ対策」。
プラスチックごみ対策は、環境ビジネスやSDGsの取り組みにおいても重要なキーワードになっています。

今回の会合では、基調講演や事例紹介を通じて、自治体・企業、そして海外の取り組みをご紹介し、さらに今後の取り組みに向けたパネルディスカッションを予定しています。
プラスチックごみ対策の現状、そして未来を考える大変貴重な機会です。

プラスチックごみ対策にご関心のある方、事業やビジネスとして取り組んでいるみなさま、ぜひご参加ください。


【日 時】
 2020年1月23日(木) 9:30~17:00(受付は9:00から)

【場 所】
 北九州国際会議場 2階 国際会議室
 (福岡県北九州市小倉北区浅野三丁目8-1)

【プログラム】
 9:30 ~
  開会の辞/主催者挨拶
 10:05 ~
  基調講演「プラスチックごみ対策の今後の方策について」
   環境省 環境再生・資源循環局総務課 循環型社会推進室 室長補佐 小沼 信之氏
 10:25 ~ 
  海外自治体・機関からの報告
  <7か国:マレーシア、タイ、フィリピン、ベトナム、インド、ネパール、ロシア>
   「プラスチックごみ等の処理システム確立に向けた自治体での取組」
 13:20 ~
  国内自治体からの発表
  <3都市:北九州市、大阪市、三重県>
  「プラスチックごみ等のリサイクル推進に向けた自治体での取組・自治体連携の例」
 14:05 ~
  日本企業からの発表
  <4社:株式会社市川環境エンジニアリング、新ケミカル商事株式会社、
    環境エネルギー株式会社、日鉄エンジニアリング株式会社>
  「プラスチックリサイクル技術・取組の紹介」
  「プラスチックリサイクル推進に向けてのアジアの自治体への期待」
 15:20 ~
  パネルディスカッション
  「プラスチックごみ等のリサイクル推進に向けた自治体の取組と課題」
   ファシリテーター:( 一財) 日本環境衛生センター 副理事長 藤吉 秀昭氏
 16:45 ~
  総 括
 16:55 ~
  北九州宣言の採択/閉会の辞
 17:00
  閉 会

【参加費】
 無 料

【使用言語】
 日英同時通訳

【主 催】
 一般財団法人日本環境衛生センター

【共 催】
 環境省、北九州市、(独)国際協力機構、国際連合地域開発センター

【参加申し込み】
 下記の専用フォームよりお申し込みください。

【お問合せ】
 一般財団法人日本環境衛生センター 総局 国際事業部
 TEL 044-288-4937 / FAX 044-288-5217  Email kokusai@jesc.or.jp
 〒210-0828  神奈川県川崎市川崎区四谷上町10-6  HP https://www.jesc.or.jp/

詳しい情報

詳しくは、こちらのPDFファイルをご覧ください。

(一財)日本環境衛生センターホームページ(外部リンク)

お申込み専用フォームはこちら(外部リンク)

セミナー > 相談窓口・専門家派遣・その他
2020年1月9日